症状の治療法

甲状腺の病気にはバセドウ病の他にも橋本病があります。橋本病では、体のだるさや疲労感などの症状が現れるものであり、ホルモン剤の投与による治療の他に、ハーブ系のサプリメントによって症状を緩和させられます。

Read More

厄介なバセドウ病

甲状腺は喉の下を走る器官であり、ホルモンの伝達など体の恒常性を保つために重要な働きを持つ器官です。この甲状腺は何らかの病に罹ることで喉や首周辺の腫れを感じ、また見た目として眼球が突出して見られるなど特有の自覚症状が現れるため、こうした症状を感じた場合、甲状腺の異常を疑う必要があるでしょう。健康診断によって発見することが出来る他、内分泌系の内科へ受診することにより、甲状腺異常の治療を行うことができるでしょう。

甲状腺の病気として代表的なものが、バセドウ病です。甲状腺を刺激する物質が大量に体内で生成されるため、甲状腺が炎症を起こしてしまう病とされているこの病は、発生原因も詳しいことは分からないものの、全体の統計として男性よりも女性に多く発症するとして知られています。症状が進むことで甲状腺が膨らみ、首まわりが腫れてくる以外にも、症状として頻繁な動悸や息切れ、手足の震えなどの症状を引き起こす他、心不全や甲状腺クリーゼといった命を脅かす病を誘発させる恐れもあるため、甲状腺の異常を見つけた場合は迅速に治療を行うとよいでしょう。内分泌系を専門とするクリニックでは、甲状腺の病気に対して多くの治療法を行ないます。抗甲状腺薬などの薬を処方することで、甲状腺にダメージを与えるホルモン分泌を抑えることができるので、投薬による治療によって普通の人と変わらぬまで回復することができるでしょう。放射性ヨウ素を利用した治療法も利用することができ、半年から1年程度で肥大した甲状腺の組織を減らし、甲状腺の病気による症状を抑えることができるでしょう。

病気の特徴

甲状腺の異常は、他の病とは違い新陳代謝の活性を促すため、動悸や息切れなどの症状を発生させます。ホルモンの分泌を行なう病であるため、代謝の異常な促進や低下によって、甲状腺の病であると判断することができるのです。

Read More

ヨウ素の問題

甲状腺の病気は、ヨウ素などの過剰摂取によってホルモンの過剰分泌を促すこととなるため、病気のリスクを高めることとなります。サプリメントなどに含まれているヨウ素を大量に摂取することで発症する事もあるため、注意が必要なのです。

Read More

気になる症状

甲状腺の病気は、症状としてさまざまなものがあります。バセドウ病は動悸や息切れ、イライラ、疲れやすさや目の炎症のほか、橋本病では物忘れや思考力の低下、むくみの症状を引き起こすため、日常生活においても影響をもたらすのです。

Read More